借り換え先を選ぶ時のポイント

はじめて借入れをする時は、どこで借りればいいのか、どうやって選べばいいのか、いくら借りられるのかなど、不安に感じることも多いと思います。
急にお金が必要になったとき、キャッシングはとても便利な方法です。
しかし、金利が高いなど、マイナスイメージを持つ人も多く、中には利用をためらう人もいるでしょう。
また、たくさんある業者の中から、どうやって自分にあった業者を選べば良いのか迷われている方もいるかもしれません。
キャッシングの種類は、銀行系と消費者金融系に分けられます。
銀行系は、消費者金融に比べ、金利が低く、限度額が高く設定されていることが特徴で、長期のローンを組む場合には特におすすめです。
銀行という社会的信用も高い機関なので、安心して利用できます。
また、住宅ローンなどの利用に応じて金利の優遇が受けられることもあります。
ただし、消費者金融系に比べ審査が厳しく、有事までに時間がかかるというデメリットもあります。
消費者金融系は、金利が若干高めとなっていますが、手続きがとても簡単で、審査から融資までスピーディーなのが最大の特徴です。
インターネット環境さえあれば、自宅のパソコンからも手続きが可能です。
即日融資をうたっている業者もあるので、すぐに現金が必要な人にぴったりです。
借り換え先を選ぶ時のポイント
近年は銀行傘下の業者も増えたので安心感もあり、コンビニATMでの借入や返済も可能なので、使い勝手にも優れています。
このようにそれぞれ異なる特徴があります。
初めて借入する方は、一度キャッシングの目的や用途をきちんと整理し、よりメリットの大きい業者を選ぶことが大切です。
初めて借入をするとき、自分がいくらまで借りることができるのか、一番気になるポイントではないでしょうか。
個人が消費者金融などの貸金業者から借入をする場合、総量規制という法律がその基準となります。
総量規制とは、お金を借りすぎることによって起こりうる生活の破たんから消費者を守るために定められた法律です。
つまり、消費者には、返済能力をこえない範囲での利用を制限づけています。
ただし、貸金業者にあたらない銀行のローン、住宅ローンやマイカーローンなど担保のあるローンは規制の対象外です。
この法律では、年収の3分の1以上の借入はできません。
この3分の1というのは、1社からの借入額ではなく、複数の業者を利用した場合はすべて合算した金額を指します。
また、保証人を立てたとしても3分の1規制は変わりません。
消費者金融から借りられる金額は、年収の3分の1まで、つまり収入のない方は消費者金融から借入することはできません。
ですから、収入のない方は、総量規制の対象外である銀行カードローンからの借入を検討することになります。

専業主婦でも借りれる大手金融
総量規制に関係なく借りることができるカードローンはこちらで紹介されています。
専業主婦が利用可能な金融機関が掲載されているので急な出費で困っている方におすすめのサイトです。

参考サイトタイトル:専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
サイトURL:http://www.absalompress.com/